AMDDとは

委員会について

保険委員会

保険委員会は、先進の医療技術が日本に迅速かつ適切に導入され、また日本に必要な製品が安定的に供給されるように、保険償還価格制度に関して、先進医療技術工業会(AdvaMed)や日本・欧州の関係団体と協力して以下のようなさまざまな活動を行っています。

  • - イノベーションの適切な評価を含むバリューベース・ヘルスケアの推進
  • - 機能区分の合理化・細分化を含むあり方の検討
  • - 費用対効果評価制度の適切な導入のために医療機器の特性に配慮した議論の推進
  • - 毎年改定、FAP(外国価格調整)など制度の改定に関する業界提言

保険委員会 委員長
伊藤 智
アボットジャパン(株)
ガバメント・アフェアーズ、ディレクター

↑ ページトップへ戻る

診断・治療機器委員会

診断・治療機器委員会(Capital Equipment Committee)は、「画像診断機器・治療装置などの医療機器や装置」(特定保険医療材料、体外診断用医薬品(IVD)以外の医療機器)を取り扱う企業により構成され、患者さんの生活の質(QOL)の向上に貢献する医療技術の迅速な導入に向けた政策提言活動を行っています。

  • - 最新医療技術のイノベーション評価、早期承認・導入、制度の透明性等の推進
  • - 医療機器の安全管理体制の促進
  • - 日本の医療機器に関する規制の国際的整合性促進

等の課題を、日々議論しています。

岩間 真澄

診断・治療機器委員会 委員長
岩間 真澄
インテュイティブサージカル合同会社
政策推進部部長

↑ ページトップへ戻る

整形材料委員会

整形材料委員会は、世界の代表的な整形外科用医療機器企業のうち日本に拠点を持つ企業がメンバーです。この委員会の主な目的は、製品の承認や償還など整形材料に関する個別の問題だけでなく、日本市場での整形材料ビジネスに付随する複合的な側面を取り上げていくことです。

そこで重要なのは、複数の問題が関連して相互依存的に関係している点です。そのため当委員会では、以下のような、さまざまな内容が討議されます。

- 製品の安全な使用 - ラベリング
- 安定供給 - 希少疾病用医療機器
- 整形材料の承認取得までの所要期間 - デバイスラグの解消
- 薬事上の負担軽減のための方策 - 治験の問題
- 「立会い」などサービスに関する問題 - 手術機械の取扱いについて

この委員会の役割は、これらの問題について業界内外で広く検討するとともに、情報を提供し、整形材料分野についての理解を促進することです。そして整形医療機器企業が世界で提供している最先端の医療技術を、一日も早く日本の患者さんや医療従事者に提供できるよう模索していきます。

小川 一弥

整形材料委員会 委員長
小川 一弥
ジンマー・バイオメット合同会社
職務執行者 会長

↑ ページトップへ戻る

IVD 委員会

IVD委員会は、臨床検査に用いる体外診断薬や検査機器などのIVD (in-vitro diagnostics) 製品の提供により、患者さんのQOLの向上と国民の健康増進に貢献することを目的としています。先進技術を用いたIVD製品を日本国内にできるだけ早く導入するため、主に以下の活動をしています。

  • - 臨床検査に係る診療報酬制度についての検討と政策提案
  • - 臨床検査用の試薬・機器・システムに係る薬事制度の検討と政策提案
  • - 臨床検査の価値の啓発

臨床検査は疾病の予防/診断/治療/予後の経過観察など、医療のあらゆる段階で用いられます。「適切な検査を/適切な時期に/適切な場所で/適切な価格で」行うことは、患者さんのQOL向上、医療の質の向上、医療費の適正化に大きく寄与すると信じています。

臨床検査薬協会や欧州ビジネス協会、先進医療技術工業会(AdvaMed)とも連携して臨床検査の価値が最大限に発揮されるよう活動を続けます。

坂本 春喜

IVD委員会 委員長
佐藤 しのぶ
     アボットジャパン株式会社
       ビジネスエクセレンス ディレクター

↑ ページトップへ戻る

RAQA委員会

RAQA委員会は、以下のミッション(使命)を掲げて活動しています。

  • ・日本の医療に有用な医療機器及び体外診断用医薬品の日本市場への導入期間短縮を行い、日本国民のために最新の医療技術を提供する
  • ・医療機器及び体外診断用医薬品としてあるべき市販後の規制に関する提言を行う
  • ・日本の規制を国際的に整合したものとするために、行政に対して市販前後の規制に関する研修の機会を提供する

医療機器及び体外診断用医薬品の市販前及び市販後規制に関し、国際的な規制動向を視野に入れ、タイムリーな情報提供と提案を行い、規制・制度の適正化に貢献していきます。
また医療機器及び体外診断用医薬品の規制情報をグローバルに収集し、日本の医療機器及び体外診断用医薬品の規制を積極的に海外に伝達することも大切な活動です。

これまでも行政と協働して、「デバイスラグの短縮」や「承認審査の迅速化」などの課題に取り組んできましたが、引き続き、市販前と市販後のバランスの適正化などの新たな課題についても積極的に活動していきます。

RAQA委員会 委員長
佐伯 文
エドワーズライフサイエンス株式会社
VCC事業部 薬事部 部長

↑ ページトップへ戻る

広報委員会

広報委員会は、AMDDの認知を高めると同時に、各委員会と連携し、先進的な医療技術にまつわるさまざまな情報そして日本の医療制度への提言について、広く社会の皆様に伝達することを目的として活動しています。

『大切な人びとの健やかな日々のために、価値ある医療テクノロジーや情報をお届けします』、というAMDDのミッションのもと、次のようなメッセージを、さまざまな形で発信しています。

  • - 患者さんのQOL向上に対して、先進的な医療機器や体外診断用医薬品(IVD)が果たす役割とその意義についての理解促進
  • - 欧米の先進国で普及している製品が日本では使えないという、『デバイスラグ』や『デバイスギャップ』の問題の重大さと解消への提言
  • - 医療機器の特性を鑑みた規制体系構築に向けた提言

AMDDの活動をさらに広く知らしめ、日本の医療に貢献するため、グローバルな視点で情報を発信してゆきたいと思います。

広報委員会 委員長
関口 淳
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
コーポレートガバメントアフェアーズ&ポリシー ディレクター

↑ ページトップへ戻る

アドボカシー委員会

2009年11月、AMDDにアドボカシー委員会が新設されました。その任務は、理事会や各委員会での様々な提言/ 問題意識/情報などを各方面のステークホルダーに伝えることです。新登場の医療機器/体外診断用医薬品/医療技術のイノベーションは、まず医療現場や地域、コミュニティーに認知され適切な評価を受ける必要があるからです。

社会のニーズに応えられる製品やきめ細かいサービスを提供するには、医療関係団体や政策立案者などと日本の医療システムについて議論を深めねばなりません。われわれは、社会に向けて情報発信中の広報委員会と協力して、患者さんの治療や福祉を向上させる医療技術を導入しやすくするような環境作りに貢献したいと考えます。

すでに官民対話の論点整理や医療機器分野が成長するための戦略に関するインプット、それらに伴う国内外の業界団体との連携などを進めていますが、ぜひ皆様のご協力をお願い申し上げます。

関口 淳

アドボカシー委員会 委員長
関口 淳
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
コーポレートガバメントアフェアーズ&ポリシー ディレクター

↑ ページトップへ戻る

リーガル・コンプライアンス委員会

リーガル・コンプライアンス委員会は、AMDD会員各社が、その企業活動を法令を遵守しながら健全に行うことをより確実にするため、コンプライアンス体制の構築・強化を目的として、国内外のリーガル・コンプライアンスに関する情報収集および分析・研究などを行い、かかる法令遵守を達成するために必要とされる提言をAMDD執行委員会に対して行っています。

宮田 耕一郎

リーガル・コンプライアンス委員会 委員長
宮田 耕一郎
日本メドトロニック株式会社
法務本部長

↑ ページトップへ戻る

メンバーシップ委員会

メンバーシップ委員会は、より多くの企業がAMDDに加入していただけるよう、新規会員獲得のための活動をする一方、月例会議・特別総会・賀詞交歓会など会員企業間の交流を促進するイベントの企画・運営を行っています。また、AMDDの活動に関する会員企業からのフィードバックを得るための満足度調査も行っております。

増川 重之

メンバーシップ委員会 委員長
増川 重之
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社
取締役 専務執行役員
業務推進統括本部長

↑ ページトップへ戻る