コンプライアンス

倫理綱領

(平成28年(2016年)1月4日制定)
一般社団法人米国医療機器・IVD 工業会

一般社団法人米国医療機器・IVD工業会(American Medical Devices and Diagnostics Manufacturers’ Association、以下「AMDD」という)のミッションは、大切な人びとの健やかな日々のために、価値ある医療テクノロジーや情報を届けることにある。AMDDは日本をもっと健やかにするため、革新的な医療技術の価値を正当に評価する医療システムの中で実現させ、先進医療技術の迅速かつ適切な医療現場への導入、医療費の総合的な抑制及び適切な配分を実現するため、米国政府、先進医療技術工業会(AdvaMed)及び国内業界団体の協力のもと、薬事規制への提言をし、医療保険償還価格及び制度の改定等に関し、加盟企業を代表して監督官庁である厚生労働省との窓口の役割を果たすための活動を行っている。

AMDDおよびAMDDに加盟する企業(以下「会員企業」という)は、医療機器業が生命に深く関わることから、高い倫理観を維持し高い透明性に基づいた活動を遂行し、日本の社会においてさらなる信用・信頼を得るよう努めなければならない。

  1. 会員企業は、人びとの健康と生活の向上を最優先事項とし、先進的医療技術を実現する製品、技術およびサービスを研究開発、製造および販売することに努め、適切な品質管理のもと製品の有効性・安全性を確保し、安定供給に努めなければならない。
  2. 会員企業は、すべての法令、医療機器業の事業活動に関する法令および業界自主基準を遵守し、また適用される汚職防止法令等を含む各種法令およびルール 等を遵守し、高い倫理観と透明性に基づいた健全で適正な事業活動を行わなければならない。
  3. 会員企業は、あらゆる取引において、公正で自由な競争を行い、適正な取引関係を構築し、利益相反の観点から医療機関および医療関係者との適切な関係を 維持し、もって高い透明性を維持することに努めなければならない。

以上

倫理綱領 Download
倫理綱領 PDF
89KB